System Think
事業とビジョン 先輩の声 採用データ 人事担当から

先輩の声

誰にとっても会社を決めるって不安。それを期待感に変えてくれる「誠実さ」がここにあった。加藤由佳子

私が初めてシステムシンクを知ったのは、就職活動が始まる前のインターンシップでした。数社参加した中でIT業界の可能性や魅力を感じ、理系出身ではない自分でもできることがあるという想いがその後の興味や関心につながりました。
システムシンクのインターンシップや採用選考で感銘を受けたことは、「誠実さ」でした。会社や業界の良さだけでなく、現状の課題などマイナスになりえる部分なども正直に話していただいたことで、より現実的なイメージを持つことができました。実際、現実を直視できていないと会社を選ぶことにも不安を感じます。私の場合は、現実がわかったからこそ、安心感や「ここで仕事がしたい」という期待感が持てたのです。
入社して約半年が過ぎ、今はヘルプデスク業務というポジションで保守・運用寄りの仕事をしています。まずはこの業務を極めることが私の役割であり使命ですが、将来的には他の業務にもチャレンジできるよう日々研鑽を積んで、社内コミュニケーションを取りながら総合的な人間力を高める努力をしていきたいと考えています。