System Think
事業とビジョン 先輩の声 採用データ 人事担当から

先輩の声

エンジニアにはスキルが必須、そしてもっとも必要なのはコミュニケーション力。家木悠斗

私は大学で数学を専攻していたこともあり、IT系と金融系の業界に絞り就職活動をしていました。最終的にIT業界を志すきっかけになったのは、ITの仕事に対する自分の中の誤解が解けたときです。数社インターンシップに参加してわかったことですが、IT系のエンジニアって職人っぽく一人で淡々とプログラムを組む、みたいなイメージがありましたが、実際の働く現場を見ると全くそんなことはありませんでした。1つの課題に対して、チームとして取り組み解決に向かうコミュニケーションの重要性を認識しました。
システムシンクの採用試験や面接を受けている段階で印象的だったことがあります。それは、本来企業にとってあまり聞かれたくないような質問にも、丁寧に応えてくれていたことです。「御社が今抱える問題点は?」のような質問も包み隠さず具体的に話してもらったことには好印象でした。どんな企業にも問題点や課題はないほうがおかしいと思っていたので、それを正直に話してくれるのは風通しがよい開かれた会社なんだなというイメージでした。
実際、入社してからのOJTでは担当してくれた先輩にいろいろと教えてもらいながら少しずつ経験を積んできました。技術職なのでものづくりという側面もありつつ、1つのプロジェクトに対してチームの先輩方と一緒に取り組める楽しさも感じています。これから困難なことがあっても、この会社なら、この人たちとなら乗り越えらえるという自信もついてきました。将来は、リーダー職としてお客様のところに出向いて、課題を捉えコンサルティングをしていけるエンジニアになりたいと考えています。そのためには、今はしっかりとスキルを身に付けたいと思っています。