System Think
事業とビジョン 先輩の声 採用データ 人事担当から

事業とビジョン

事業領域

『総合IT企業グループ』として“幅広すぎるほどの事業”を展開。

このような分社・統合の歩みの中でも、大きな転換点となったのが、95年、大手出版社系のシステム会社であった『コンピューターアプリケーションサービス』のグループ統合が上げられます(2005年、システムシンクとの合併により現在の『システムシンク』へ)。

この統合によりシステムシンクグループは、それまで主体であった『システム開発系サービス』に加え『運用支援系サービス』へも事業の裾野が拡大。従来よりグループに内在していた技術とのシナジー効果によって、“幅広すぎるほどの事業領域”を持つ企業グループへと成長してまいりました。

そして、2011年にティーネットジャパングループへの参画、2014年4月にシステムシンクグループの合併により、システムシンクは新たなスタートを切りました。

現在、システムシンクは、システム開発はもちろん、保守・運用・監視からサポート・メンテナンス、ITインフラやネットワーク構築、企業のシステムを天災や人災などから守るための情報セキュリティコンサルティング、そして人材派遣など、『総合IT企業グループ』としての事業を展開するまでになっています。
また、事業領域だけではなく、拠点も。東京、大阪、福岡、今治と全国規模に発展しています。

イメージ画像 イメージ画像